マーケへの就活

マーケティング職や広告代理店への就職を目指す人のためのブログです。

マーケティングが分かるおすすめ本!就活生向けに!

マーケティングとは何?これが意外と難しい。

 

マーケティングと聞いて、何をイメージするでしょうか。

市場調査やリサーチのイメージでしょうか?それとも広告のイメージでしょうか?ブルーオーシャン戦略などの経営戦略をイメージした方もいるかもしれません。

 

さて、今挙げたこれら全て正解でもあるんですが、完璧な答えだとは言えません。企業のマーケティング活動の中に、リサーチや広告は含まれています。しかし、広告やリサーチ=マーケティングという訳ではないのです。ややこしいですかね?(笑)

よく言われるマーケティングの説明の中で、一番分かりやすい説明は、「商品が売れる仕組みをつくること」だと私は思います。商品が自然と売れる仕組みをつくるために、市場調査をし、商品開発をし、価格や流通を工夫し、プロモーションを仕掛けていくのです。これら全てが企業のマーケティング活動です。さらに言うと、発売した商品のリピーターを維持するためのメールマガジンやアプリ、顧客の声を聞いて改善に生かすためのコールセンターを運営することなどもマーケティングに含まれるのです。顧客が求めているものを把握して、営業のトークを改善することだってマーケティングなのです。売れる仕組み作りですから。企業によってはマーケティング部門に営業の部署があったりしますよ。ちょっとマーケティングのイメージとちがいますよね。○○マーケティングなんていう営業会社があるのはこういうところから来ているのです。(たぶん。) 

 

色々と話しましたが、言いたいことは、マーケティングってややこしい!! ってことです。何も勉強をしていないと、面接で突っ込まれて泡を吹いて死にます。

 

マーケティングがやりたい!という人は、どの領域でやりたいのかしっかり決めているでしょうか?事業会社のマーケティングを志望している方が、面接でプロモーションをどうするかばかり話していたら、社員の方からはがっかりされるかもしれませんよね。マーケティングに興味がある人は、しっかりとマーケティング全体の知識をつけておきましょう。という訳で…

 

 

マーケティングのおすすめ本をまとめてみました。

これら全部自分が読んだものです。

 特におすすめなものには、おすすめ!と書いておきました。

 

 

ドリルを売るには穴を売れ

ドリルを売るには穴を売れ

 

マーケティング界隈で有名な言葉に、「ドリルを売るには、穴を売れ」という言葉があります。これは、ドリルが欲しいお客さんは、ドリル自体が欲しいのではなく、穴を開ける必要があるからドリルを買うのだということを表しています。この本では、「顧客が求めているものは何か」という視点で基礎中の基礎をストーリーに沿って学べます。初心者向けだと思います。

 

 

売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則

売れるもマーケ 当たるもマーケ―マーケティング22の法則

 

マーケティングには、どういう戦略・戦術があるのか、また実際にどういった企業がどういう戦略でシェアを奪っていったのか、市場を作り出していったのかということが学べます。この本は事例が多く取り上げられており、楽しくなるほどなあと読みやすいです。ただし、元々が海外の本であることと、時代が少し古いので、今読むには少し残念。ただ、いろんな人がおすすめしていた気がします。

 

 

図解 実戦マーケティング戦略

図解 実戦マーケティング戦略

 

 マーケティングの全体像について書いてあります。説明も分かりやすく、マーケティングとはなんぞやといったイメージをうまく形成するのに役立つと思います。個人的には、表紙が賢そうで好きですよ。

 

新版MBAマーケティング

新版MBAマーケティング

 

 おすすめ!

これ、隠れたマーケティングの名著だと個人的に思っています。他の人がおすすめしているの見たことないです。マーケティングの全体像について学べるのですが、具体的な近年の日本の事例を用いてマーケティングの重要性を説いてくれるので大変面白いです。あと、実務的なマーケティングの全体像を学べるのはこれが一番かな!と思います。その場でマーケティングの実務に生かせるという訳ではないのですが、今現在マーケティングにはどういう仕事があるのか、どういった場面で役立てられているのかが分かりやすいです。あとケーススタディが多く、大学の授業みたいに進んでいくのが個人的には素敵です。

 

 

なぜ戦略で差がつくのか。そしてそもそも戦略の定義とは何なのか。マーケティングの施策をどのように戦略的に編み出していくのかなど、相当な文量で書かれています。超重要にも関わらず曖昧になりがちな戦略・戦術の考え方を教えてくれます。ただ、就活生向けというよりは実務でやっている人向けかもしれません。内容は割と難しいので、他のマーケティングの本を読んでから読むのが吉。

 

 

 USJ三部作。どれもおすすめです!就活前にこれらの三部作が発売されていて本当によかったと思います。それくらい魅力的なマーケティングの本です。この本から三部作は始まりました。それもあり、一番読みやすい本かなと思います。この本では、革新的なアイデアを生み出す「イノベーションフレームワーク」を中心に書かれています。マーケティングの中でもアイデアの出し方に興味がある人向けかな。

 

 USJ三部作の二部目!一部より時間軸が遅く発売されたこともあり、個人的には二部のほうが充実しているかな?と思います。この本では、「マーケティングフレームワーク」を中心に書かれており、一部よりマーケティング目線でUSJの改革について知ることができます。マーケティングの基礎を学びたいかたにもかなりおすすめです。USJが事例ということもあり、かなり分かりやすいです。

 

確率思考の戦略論  USJでも実証された数学マーケティングの力

確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力

 

 おすすめ!

すんごい本。紹介している本の中で一番おすすめです。値段は結構するのですが、その分面白さも、学べるものも多いです。確率思考の戦略論ということで、筆者がどのように数字に熱を込めて仕事をしてきたのか、そして実際にUSJはどのようになっていったのかについて書いてあります。著者二人の頭のよさと熱意の両方を感じました。マーケティングの本では、どうしても理論やケーススタディを多く扱ってしまう傾向があります。この本では、実際にUSJの需要予測に用いられた数式が公開されており、マーケティングはサイエンスであるということをひしひしと感じさせられます。圧倒的な力の差を見せつけられ、マーケティングってなんとなく楽しそうといった感覚で仕事はできないなと痛感させられます。マーケティングへの覚悟をするためには必読の本かもしれません。マーケティングはアートでもありますが、それ以上にサイエンスなのです。

 

マンガでわかるWebマーケティング 改訂版 ―Webマーケッター瞳の挑戦! ―

マンガでわかるWebマーケティング 改訂版 ―Webマーケッター瞳の挑戦! ―

 

 おすすめ!

マンガで分かる!からといって、幼稚な内容だと勘違いしないで欲しいとても良い本です。(笑)自分が読んだのは改訂版ではないのですが、このシリーズはすごく読みやすくて、敬遠されがちなデジタルマーケティングの面白さを分かりやすく教えてくれます。マーケティングには興味あるけれど、デジタルは地味でつまらなそうと考えている人は、是非読んでみてください。

 

MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体 宣伝会議

MEDIA MAKERS―社会が動く「影響力」の正体 宣伝会議

 

 

 おすすめ!

マーケティングの本は、消費財メーカーや広告代理店の著者が書いている物が多いのですが、これは珍しくメディア側の人間が書いたマーケティングの本です。自分は正直メディアにはあんまり興味がなかったのですが、これをよんでメディアにも興味を持つようになりました。メディアがあるということは、そこに(ほぼ)必ず広告があるということです。広告が成り立つということは、そのメディアに載せて欲しい商品があるということです。意外と無視しがちなメディアとマーケティングの繋がりについて学べる名著です。あと読みやすい。

 

アドテクノロジーの教科書 デジタルマーケティング実践指南

アドテクノロジーの教科書 デジタルマーケティング実践指南

 

 おすすめ!

デジタルマーケティングに関しては、ちょうどいい難しさの本が少ないかもしれないです。まず先程紹介したwebマーケティングのマンガで知識を仕入れておくのがおすすめです。SEOとか、リスティング広告とかアフィリエイト広告とか、そこらへんからさらに踏み込んでデジタルマーケティングの全体像について学べると思います。今のデジタルの仕組みって凄いなあと思いましたね。。

 

 

さらにいうと、テレビ番組のガイアの夜明けカンブリア宮殿ワールドビジネスサテライトあたりはマーケティングの事例の宝庫です!これらは元々誰にでも分かりやすく編集されているのですが、マーケティングを学んでから見てみるとさらに楽しくみることができます。テレ東大好き。

 

今回は、色々な本を紹介してみました!本によっては最初に読むと難解だったりつまらなかったりするので、何冊か簡単そうなものも含めて読んでみるのがおすすめです。

 

 

(確率思考の戦略論は本当に読むべきだよ。。!)

19卒就活解禁までにしておきたいこと。

SPIとか玉手箱はほんと滅びろ。あ、どーも、けーぴーです。…夏インターンに行った人たちは、そろそろ就活がだれてくる時期ですよね。インターンだけで燃え尽きちゃう人も多いのでは。

そこで、解禁までにこれはやっておくべき!ということを就活経験者目線でまとめてみましたぞ。

 

 

 

インターンにいっておくこと。

インターンは終わっても、秋冬インターンがまだまだありますよ。いく目的は二つあります。

 

行きたい業界の情報を知るため。

行きたい業界の実際の業務内容やトレンド、これからの課題などを知りましょう。実際の選考でも、業務内容をしっかり理解しているかはよく聞かれます。業務内容と乖離したことをやりたいと言った場合、減点されることも多いです。

 

合わない業界を見極めるため。

これも本当に大事です。商品が好きだからと言って、その商品を製造、販売する過程まで面白いかというとそうでもありません。自分の行きたいと思っていた業界があんまり楽しそうに見えなかったという事はよくあります。合わない業界は早めに切り捨てましょう!

 

 

ベンチャー外資系の選考に参加する。

ベンチャー外資系の企業は選考解禁が早い傾向があります。またいろんな業界の企業がありますので業界研究にもなります。エントリーシートを書いたり、選考を受けたりとした練習ができます。近年の就職活動は短期決戦です。ぼやぼやしてると、選考解禁したもののうまくいかず改善もする暇なく、志望していた会社の選考に落ちまくるかもしれません。これはほんとうにつらいよ。

 

・行きたい業界、職種を定める。

金融行きたくないと言っていた人が金融に行く事案が毎年大量発生しています。金融は知名度・給料共に高いのに採用人数が多いです。自分のやりたいことがしっかり定まっていないと、金融の誘惑に飲み込まれます。金融に行くのが不幸という訳ではありませんが、金融に興味がない、合わないのに金融に行くのは確実に不幸です。(これは金融だけでなく他の業界も同じです)自分の軸をしっかり持ちましょう。あと、業界だけでなく職種も決められるとなおよしです。たとえば総合広告代理店では、営業、コピーライター、CMプロデューサー、デザイナー、マーケティング、ストラテジックプランナー、デジタル、ダイレクトマーケティング、プロモーション、PR、などなど、会社によっていろんな職種があったりします。またその職種の中でもいろいろ業務内容が分かれてたりしますね。(分かりやすいのだと営業でも広告主側かメディア側かみたいな。)

 

SPIや玉手箱などの勉強をしておく。

僕はこれがすごく苦手でした。もっと前から勉強しておけば良かったなぁと思いました。問題のレベルはそこまで難しくないのですが、勉強しておかないと高得点は難しいです。解禁してからはなかなか勉強できないので、はやめに勉強しておきましょう。自分の会社がどのテストを採用しているのかは、みんしゅう等を見ればわかる場合がありますので、チェックしてみてください。自分は読んだことないのですが、そういった情報がまとめてある本とかもあるみたいです。まあ基本SPIは最低限勉強しておくべきだとおもいます。

 

 

(することがなかったら。)

TOEICや簿記の勉強でもしましょう。これがすごく加点になるという訳ではないですが、自分は勉強しているんだぞという安心感に繋がります。あとまあ普通に役に立ちますしね。

 

 

とりあえず、このあたりはやっておいた方がよいのでは?質問などあればぜひぜひお願いします~~

goodfindのセミナーの感想を書いてみる。

こんにちは、けーぴーです。


f:id:yuru-yuru1:20171013233217j:image

就活してたとき、goodfind(グッドファインド)にはよくお世話になりました。

↓この記事にも書いてますけど。

マーケティングがやりたい人に!18卒の僕が使っていた就活サイト比較&まとめ。 - マーケへの就活

 

goodfindはリクナビベンチャー企業版とでも考えてくれれば分かりやすいかな?

ベンチャー企業を中心とした合同説明会やセミナー等を行ってます。サイト上でインターンや選考に申し込むこともできます。

 

掲載されている企業

goodfindでは、

  • コロプラ
  • オプト
  • レバレジーズ
  • グノシー
  • pixiv
  • sansan

などなど、多くのベンチャー企業が掲載されています。

てな訳で、セミナーの感想でも書いてみようと記事を書きました!

goodfindの評判ってどうなんだろう?と気になる人も多いと思いますので。自分も最初に参加したときは緊張した(笑)

 

goodfindセミナーの感想

良かった点

  • 様々な業界のベンチャー企業を知ることができる。(企業水準も高めだと思います)
  • 割と頻繁に開いているので、暇なときに行きやすい。
  • 様々な業界の人事たちとコミュニケーションがとれる。
  • 自分に知識があれば、かなり深いとこまで質問できる。
  • 場合によっちゃ社長が来る。(社長はやっぱり変な人が多いと思った。)
  • 友達ができやすい。ベンチャー志望の人が多いし、界隈のいろんな話ができる
  • 場所が某大手商社の近く。大手とベンチャーを比較できます(笑)

 

悪かった点

  • 掲載企業で、メガベンチャーはほぼない。掲載されているのはやはり良くも悪くも採用に課題をもっている企業ではあるのだろう。
  • 意識高い人に刺さるコピーを書いているのはいいが、事業内容とそのコピーが解離していることがしばしば。(世界の課題を~とか、経営者の排出を~とか、マーケティングで革命を~とか、抽象的なコピーの会社は、実際の事業内容しょぼ!ってなりがち。)
  • GD優秀者は特別選考!みたいなのをアピールしてるけど、そんなのはほぼない。(誰でも受かる一次選考をパス!程度。)
  • 企業もいい人を見つけてやろうとは思ってなさそう。(普通にエントリーして普通に選考に進みましょう。)
  • 業界が絞られていない分、一つ一つの企業に対して浅い情報しか得ることが出来なかったりする。(詳しくは個別説明会にいけってことでしょう。)
  • 交通費は基本でない。
  • コミュニケーション下手な残念な司会者もいる。
  • セミナーの展開がワンパターンで何度も行く人にはつらい。
  • 昔の経歴をアピールするベンチャー社員は、やめてほしい。しょーもない。
  • ベンチャーならではの選民意識みたいなのもみえる。しょーもない。

 

 

セミナーの善し悪しは、司会者や来てくれる人事のレベルに結構左右されますね。悪い点も多く書いたけど、行って損はないと思います。ただ、なんとなく意識が高い感じがして、色々と勘違いもしやすくなるので、その点は注意かな~。

 

意識高い系の就活サイト、最近流行ってますよね。

金になりやすいんだろうね(笑)

良い企業かどうかを見分けるのは本当に大変なので、色んな話を社員さんから聞いたり、ネットで調べたりするのがいいと思います。個人的に、ベンチャーはすごく魅力的だとおもいます。ただ、ベンチャーに入ること自体が目的になってしまうと、人生が狂いかねないので注意です。やりたいことがあって入るのがベンチャーだと僕は思っています。ただ意識が高いふりをしたいだけなら本当にやめとけよ!(笑) 

電通と博報堂の残業時間はどれくらい?

電通博報堂といった広告業界を見ていると、「残業がヤバイ」という話があちらこちらから耳に入りますよね。


f:id:yuru-yuru1:20171001102535j:image

 

電通の新入社員の女性が自殺し、問題になった事件がありました。

また、その三年目前にも、30代の男性社員が過労死で亡くなっていたそうです。

 

この事件を受け、電通は残業に関する新たなルールを作りました。

 

  • 原則22時以降の残業の禁止
  • 22時~翌5時まで全館消灯
  • 残業の上限を法定外月間50時間(所定外月間70時間)から5時間引き下げる

 

これらのルールは電通本体のみならず、グループ全体に適用されることになりました。ただ、これだけで簡単に残業が無くなるわけではありません。そのため、マーケティングオートメーションなどの作業効率化や、新たな人材の採用を増やすなどの対策を現在行っております。

 

私は電通グループの人に話を聞いたことがありますが、過労死の事件をまだ他人事のように感じているような気がしました。実際、電通本体の中にも様々な部署がありますし、グループを含めるとかなりの人数がいる大企業です。どこの誰が、どれぐらいの仕事量で過労死してしまったのかというのが末端の社員全員に共有されるのはなかなか難しいものです。

 

博報堂もそれと同じで、現場の社員で改革をしようとしている人はあまりいないのではないでしょうか。仕事がどんどん降ってくるので、残業が出来なくなるほうが困るという考え方をしている人が、まだまだたくさんいます。電通博報堂も、残業時間で稼いでいるという側面がありますからね。

 

 

会社が残業をどれくらいしているのかを調べる方法のひとつとして、ビルの電気がいつ消えるか見てみるというものがあります。

 

電通の残業時間。

電通は、こんなかんじ。

https://youtu.be/tZJKg6RKiRs

10時になると電気が消える仕組みのようですね。

暗闇のなか仕事をしているとかいう噂もありますが。そこらへんは内部者じゃないと分からないですね。

 

博報堂の残業時間。

さて、博報堂はこんなかんじ。

https://youtu.be/1LJGhQSuC-Y

電通で事件が起きる前ですが。前まではこのくらいの時間まで平気で残業してたって感じですね。

 

社員の方に話を聞くと、「毎日学祭の準備みたいで楽しいよ」って言われます。昔は終電後に帰ったり、てっぺん越えて、次の日の朝の提案まで徹夜してたりしてたって話はどこでも聞きますね。

ただ、最近のことをきくと、こういうルールがつくられたから!とか、昨日は六時くらいに帰れたよという特例の話をアピールされたり、うーん、まだ怪しいですよね。聞ける人は、具体的に何時くらいにいつも帰っているとか聞いたほうがよいです!

 

10時に会社の電気を消されても、近くのカフェで働いたり、家に持ち帰って仕事をしているという話も聞きます。電通博報堂と聞くと聞こえがいいかもしれませんが、結局はただの会社員です。人生は会社で完結する訳ではないので、人それぞれの働き方に合わせて仕事が出来るのうになるといいなぁ。。

 

と思うけーぴーでした。

ほかの記事もよろしくね!

 

エリア総合職のある企業、ガチでまとめてみた!(40社以上)

こんにちは、けーぴーです。

今回は、エリア総合職(地域総合職)のある会社について結構ガチで調べてみました。めちゃ時間かかりました。他のサイトには載ってない情報ですよ。ほんと。

 

 

逆に東京でしか働きたくない人には、2ちゃんで調べてみるのがおすすめです。

それはともかく。。

 

エリア総合職(地域総合職)とは

簡単に言うと、特定の地域のみで転勤なしの総合職のことです。大手の企業、特に金融機関は様々な地域に支社や支店を持っています。これを「いろんな所に転勤できて楽しそう!」と考える人もいれば、当然「転勤なんてしたくないよ。。」と考える人もいます。そういった転勤のしたくない人、でも事務じゃなくて総合職としてキャリアを築きたいと思っている人のためにあるのがエリア総合職です。よく言われるメリットとしては、エリア外への転勤がないこと、安定していること。デメリットとしては、総合職と比べると給料が低くなってしまうこと、出世が厳しくなる傾向があること等が挙げられます。このエリア総合職は、地元に残りたい女の人や、給料より精神的な安定を求めている人達に人気ですね。

 

そんなエリア総合職なのですが、どの会社がこの制度を採用しているのか、調べられないんですよね!!田舎に残りたいけど大手の会社で働きたい人も多いでしょう。そんな人達のために、わたくしけーぴーがガチでまとめてみましたよ!どや!

 

全部で約40社あります。。!

 

エリア総合職のある企業

  1. 朝日生命保険相互会社
  2. 三菱東京UFJ銀行
  3. H.I.S
  4. 大和証券
  5. 岡三証券
  6. オリエント・コーポレーション
  7. カゴメ?(今調べてみると無さそう?)
  8. 東京海上日動
  9. 三井住友カード
  10. サイサン(エリア事務?)
  11. 住友生命
  12. 損保ジャパン日本興亜
  13. タカラスタンダード
  14. 田中貴金属?(一般職が廃止された?)
  15. 筑波銀行
  16. 野村證券
  17. 阪和興業
  18. ほけんの窓口
  19. 三井住友銀行
  20. 三井住友海上
  21. 三井住友信託銀行
  22. みずほ銀行
  23. 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
  24. 明治安田生命
  25. 山形銀行
  26. リクルート
  27. JR西日本
  28. 第一生命
  29. 大同生命
  30. 日本政策金融公庫
  31. JA共済
  32. 佐賀銀行
  33. 商工中金
  34. 新日鉄住金?(調べたらなさそう?)
  35. 帝国バンク
  36. 西日本シティ銀行
  37. 野村不動産?(調べたらなさそう?)
  38. 農林中央金庫
  39. 福岡銀行
  40. 北洋銀行
  41. プレナス
  42. その他地銀などなど

 


f:id:yuru-yuru1:20170915224113j:image

やはり、金融系が多いですねー。金融系は人件費的な戦略もあり、エリア総合職をよく採用しています。その他の大手メーカーや総合商社などでは、転勤なしで地元に一生残ってという働き方は難しいと思います。

 

会社の規模やブランド力、給料も大切ですが、自分のライフプランを考えて、一番自分にとって幸せな会社を選んでくださいね(それが難しくもあるのですが。)

 

てなわけで、エリア総合職のある企業についてまとめてみました!

 

 

【運営報告】就活ブログ始めて二ヶ月目の現状と今後。

こんにちは、けーぴーです。

このブログ、「マーケへの就活」を始めてから二ヶ月経過しました。


f:id:yuru-yuru1:20170913154857j:image

(サムネ用に、おなじみフリー素材の女の子を載せてみました。この人可愛いですよね。)

 

 

自身は就活の際に、「マーケティングがやりたいけど、どの業界、企業にいけばいいんだ?!」とかなり迷いました。そんな経験から、同じように悩んでいる学生の助けになればとこのブログを始めました。あと、分析とかやってみたかったので、それを個人レベルでするためでもあります。

 

そんで、そんな就活ブログを始めて2ヶ月経ったので、現状を報告してみたいと思います。

 

さて、今までの総ページビュー数は445PVでした。(google analytics調べ) 初期は毎日2、3アクセスあるかないかだったのですが、少しずつアクセス数が増えてきて、最近では毎日10~20pv程度は見てくれるようになりました。他の方の運営報告を見ていると、始めて一ヶ月程度で毎日100PV稼げている人も結構いるので、まだまだだなぁとしょんぼりもしちゃいますね笑

 

流入経路は約50%がTwitterから、残りのほとんどが検索流入からです。わずかですが、はてなブログの新着エントリーからの流入もあります。

 

http://www.マーケへの就活.com/ (@marke_syukatsu)さんをチェックしよう https://twitter.com/marke_syukatsu?s=09

Twitterでは更新時に呟く他、ニュースや就活、マーケティングについてときたま呟いています。これからは検索流入を増やしていかんとなーと思います。seoも多少は意識しているのですが、まずはアウトプットを増やしていくことを重視ししています。seoの前に、まず記事の数が無いとね。。

 

記事としては、

電通はブラック!んじゃ、博報堂は? - マーケへの就活

 

リクルート各社の違いとは?分かりやすくまとめてみた! - マーケへの就活

 

コンテンツマーケティングの意味、ちゃんと理解してる? - マーケへの就活

 

このあたりが人気ですね。自分が就活生の時、この情報を知りたかった!みたいな内容をしっかり考えるってのが大事だなぁと思いました。ブログの原点を大事にしなきゃ。

 

また、事業主側のマーケティングについての記事がまだまだ少ないと思うので、そのあたりを充実させていきたいです。あとWebマーケティングについても書きたい。

 

 

ってな感じで、運営報告してみました!これからも地道に頑張っていくのでよろしくお願いいたします!就活生も頑張ってくださいね!応援してます!

 

 

就活での簡単な嘘のつきかた。バレる嘘とバレない嘘。

こんにちは、けーぴーです。

就活って、嘘つき合戦だとか揶揄されてますよね。


f:id:yuru-yuru1:20170912131815j:image

 

やれカンボジアで学校を建てただ、家庭教師で生徒を東大に合格させただ、どこまで本当?って思うようなことを言っている人も多いです。また、めちゃ凄いことをやっているようでも、実際はその凄いことをやってるグループの一メンバーでしか無かったなんてこともあります。就活は学生時代頑張ったことのエピソードだけで決まるわけではないので、あまり過剰に話を盛ったり、自分すごいだろうとアピールしすぎる必要はないと思うのですよ。だって社会人からしたら学生の頑張りなんてたかが知れてますから。

 

しかし、人によっては話を盛らないとやったことが地味だったり、あまり定量的には成果をアピールしにくいエピソードしか持っていないかもしれません。真面目に就活をしすぎるのも、それはそれで損します。多少話を盛ってやれ!とか、パクってやれ!ってくらいの気持ちの方が楽ですよ。あと、当たり前ですが学生時代頑張ったこと以外にも、業界研究や企業研究などの対策も必要です。

 

さて、ここからは就活でバレやすい嘘、バレにくい嘘をまとめていきたいと思います。個人的な意見なので絶対ではないですよ!

 

バレやすい嘘

 

  • 0から作ったエピソード(経験したことのない事)
  • とってない資格をとったことにする(これは絶対しちゃダメ!)
  • 成果を出した過程を答えられないエピソード(何が大変だったかとか、どうチームをまとめたかが答えられない)
  • プログラミングできます(できない)
  • 英語喋れます。(喋れない)
  • 3カ国話せます()
  • 集団面接で、前の人のエピソードを変に付け足す(前の人より凄いことを言わなきゃ!と考えてる人がたまにいます。)
  • 仕事内容を理解していないくせに第一志望だとのたまう
  • 同業他社を受けてないと言うくせに第一志望とのたまう
  • 将来のキャリアプランを答えられないくせに第一志望とのたまう

 

こんな感じですかね!質問攻めされて耐えられないエピソードは、バレる嘘だと考えてください。「なんでそれをしようと思った?」「そのエピソードで何が大変だった?」「チームをどうまとめた?」「どうしてそのやり方を選んだ?」「その後どうなった?」等の質問に答えられないエピソードは、ウソだと思われる可能性があります。また、御社が第一志望です!ってのはどんな優等生でもつかなきゃいけない嘘だと思いますので、バレないように戦略を練る必要があると思います笑

 

バレにくい嘘

 

  • 経験したエピソードをちょっと盛る。(結果や過程など)
  • サークルやバイトで、人がやったことを自分の手柄にする。(具体的にどうしていったか知っているのが前提)
  • ウェブテストを友達にやってもらう。
  • めちゃくちゃ業界研究、企業研究した上での第一志望です!アピール。
  • 説明会で東大生のフリをする。(やったことないけどやってみたい)
  • 高校時代の部活など(相手から聞かれた場合。あんまり深堀されません。)

 

エピソードをちょい盛りするのは基本ですね!中級者になると、人のエピソードを奪うようになります。自分の近くで実際に起こったエピソードなら、矛盾も出にくく、バレにくいです。学歴詐称も説明会の段階ではバレませんね!学歴詐称インターンに潜り込んでる人も見かけました。

 

 

てな訳で、どこまで嘘をついて良いのかを見極めた就活を是非して欲しいです。真面目に就活をしすぎるのもしんどくなるので、ちょっと気持ちを楽にやっていくのがいいと思いますよ!